装備品などの処理

装備した時の処理に関するページ

EquipmentsItem.Qで定義した関数を実行したい場合はEquipableObjects.jtalesにてEQUIP(装備時の処理)canUnEquipable(装備してる時の処理)UNEQUIP(装備を外した時の処理)に関数名を書き込む。

注意点としては装備時の処理で行った逆のことを装備を外したときに処理させないと装備するたびに移動速度が上がったり攻撃力がおかしなことになったりするので注意。



以下効果があるメソッドなど

setCookie(文字列,整数,0?); //一時的な変数に値を代入
getCookie(文字列); //一時的な変数から値を取得
resetCookie(文字列); //一時的な変数を初期化
getMAX〇〇(); //〇〇を取得
setMAX〇〇(); /〇〇に代入
〇〇の前にorgをつけると素のステータスHP,MP以外のステータスの場合
はMAXを消す。(stabならsetStabにするなど)

走行時のスタミナ軽減率
trigger.setConsumeStamina(5);

装備補正上昇
trigger.setStab(trigger.getStab() + 5);
trigger.setHack(trigger.getHack() + 5);
trigger.setInt(trigger.getInt() + 5);
trigger.setDefence(trigger.getDefence() + 5);
trigger.setMagicResist(trigger.getMagicResist() + 5);
trigger.setDex(trigger.getDex() + 5);
trigger.setAgi(trigger.getAgi() + 5);

移動速度上昇
trigger.setWalkSpeed(trigger.getWalkSpeed() + 3);
trigger.setRunSpeed(trigger.getRunSpeed() + 3);

updateAttr(); //更新
setState(ステート番号,true or false); //状態異常とか


下記4行セットでレアドロ率調整
integer cRare;
cRare = trigger.monsterCorpseDropRate();
cRare = cRare + 50;
trigger.setMonsterCorpseDropRate(cRare);

ちなみに上記を1行にまとめるとこうなる
trigger.setMonsterCorpseDropRate(trigger.monsterCorpseDropRate()+50);


下記4行セットで経験値倍率調整
integer cExp;
cExp = trigger.bonusExpRate();
cExp = cExp + 50;
trigger.setBonusExpRate(cExp);

ちなみに上記を1行でまとめるとこうなる
trigger.setBonusExpRate(trigger.bonusExpRate()+50);


スキルキャンセルの防止率
trigger.setActCancelPercentByDamage(25);


エンチャント付与 下記3行はセットで
integer cPercent = 10;
trigger.setState(CREATURE_STATE_CAST_BY_DAMAGE, true);//下とセットで使う
trigger.setSkillCastTargetByDamage("3000446", cPercent);//攻撃時にどのスキルが発動するか

応用すれば攻撃したときにミスティックタッチやバリア(誰得)などのスキルを指定することができます。ただ攻撃スキルを指定してもダメージを与えることはできませんでした。(少なくともメテオでは確認できませんでした)

  • 最終更新:2016-10-21 06:44:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード