プログラム基本

デバッグに役立ちそうなこと

ログ出力

以下の関数でjtalesを実行しているターミナルにログを出力
Util.log("もじ")


チャット上に出力

trigger.message("もじ",MSG_TYPE__SYSTEM)


アイテム名取得

Item.getDescClassNamed("ItemID")

○以下のようにすればチャット上にItem名を出力可能
trigger.message("ItemName : " + Item.getDescClassNamed("1000013" ,MSG_TYPE__SYSTEM)


プログラム基本

言語はわからないが、一般的な構文
○変数の宣言は関数の最初
integer count;

○for文
for (count = 1000013; count < 1000020; count=count+1) {
Util.log(Item.getDescClassNamed(""+count));
}






jtalesからそれっぽいやつを抜き出してきただけなので重複してたり使えないものがあるかもしれないですが関数表っぽいものを作ってみました。良ければ役立ててください。


  • 最終更新:2016-08-09 16:13:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード